固定価格買取制度について

固定価格買取制度により、太陽光発電は安定して、収入を上げることができます。

s1_102012年7月により実施されている固定価格買取制度とは、再生可能エネルギー源を用いて発電された電気を、国が定める価格(32円+消費税2014年現在)で20年間電気事業者(電力大手10社)が買い取ることを義務付ける制度です。このため、太陽光発電は安定して収入を上げることができます。

 

 

 

 

一括償却には

生産性向上設備投資促進税制(経済産業省制度)を利用

http://www.meti.go.jp/policy/jigyou_saisei/kyousouryoku_kyouka/seisanseikojo.html

図1・ 27年12月ころまでに設備取得前に申請し通知書受領。

(混雑した場合は利用できないこともあるのでお早めに。)

・ 平成28年3月までに設備取得し事業を開始

・ 当社にて銀行融資先のご紹介や 制度への申請サポートも可能です。

 

 

 

 

設置場所がない場合は 土地付きで申請用の物件を準備しています。

詳しくはお問い合わせください。

 

tax

 

 買取価格は太陽光発電を設置した年度により異なります。詳しくは下記を参照ください
資源エネルギー庁 > 買取価格・期間等