固定価格買取制度について

固定価格買取制度により、太陽光発電は安定して、収入を上げることができます。

s1_102012年7月により実施されている固定価格買取制度とは、再生可能エネルギー源を用いて発電された電気を、国が定める価格(32円+消費税2014年現在)で20年間電気事業者(電力大手10社)が買い取ることを義務付ける制度です。このため、太陽光発電は安定して収入を上げることができます。