katorishi_nodate_21kw工場やアパート・マンション、駐車場の屋根、農地などの遊休地は、太陽光発電設備の設置場所として利用できるケースが多く見られます。また、設置面積が住居と比べて大きく取れる場合が多く、10kW以上の設置で、「固定価格買取制度」「グリーン投資減税」を活用できます。その他さまざまなメリットが考えらることから、今注目を浴びています。デンオウでは太陽光発電に適した屋根・遊休地をお持ちのオーナー様に最適な提案を行いますので、ぜひご相談ください。

屋根・遊休地に太陽光発電を設置するメリット

  • これまで遊ばせていた土地を有効活用
  • 遊休地の雑草対策
  • 工場の電力不足解消・節電対策への補完
  • 売電収入で安定収益獲得
  • 農地のソーラーシェアリング*使用中の畑でもソーラーパネルの設置が可能です
  • 固定資産税・相続税対策の応用

などなど、その他、いろいろな可能性があります。デンオウはお客様のケースに応じて提案します

どんな土地に設置できるの?

設置できる場所は以下が考えれます

  • 山林、荒れ地や空き地
  • 農地
  • 工場、アパート、マンション、駐車場の屋根
なお、農地に関しましては、ソーラーシェアリング以外は農地法によって農地転用許可の申請を各市町村に行い許可を得ることが必要となるなど、ケースに応じいろいろ調査が必要となりますのでまずはお問合せ下さい